ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

がん検診の実施について

2021年05月31日

 

                      がん検診の実施について

 

標記について、令和3年度疾病予防事業の一環として、がん検診を下記のとおり実施いたします。

本年度も、検診対象者1人ひとりに申込書をご自宅へ郵送いたします。            

                                                                                記

1.申込書送付時期

  令和3年6月上旬から順次検診対象者へ郵送します。

2.検診対象者

  被保険者全員および令和3年度末で19歳以上となる被扶養者

3.検診項目

   ・大腸がん

   ・子宮頸がん

   ・子宮頸がん・HPV検査セット

   ・肺がん

   ・胃がんリスク ペプシノゲン検査+ピロリ菌検査

   ・胃がんリスク ペプシノゲン検査

   ・ピロリ菌   

   ・前立腺がん

 ・歯周病リスク

4.受診者自己負担額(詳細は添付の「がん検診・歯周病リスク検診のご案内」チラシをご覧ください)

 ・大腸がん検診・子宮頸がん・50歳以上の前立腺がん検診は無料

    (任意継続者は大腸がん検診のみ無料)

(注)申し込みしたにもかかわらず受診しなかった場合は、検診器具代

    およびその代金の振込手数料を自己負担していただきます。

   (7.実施要領(5)の対象者を除く)

   ・その他のがん検診は検査料金の3割

5.申込締切日

        令和3年10月31日(日)(当日消印有効)

6.検査機関

      メスプ細胞検査研究所

 7.実施要領

(1)受診希望者は、がん検診申込書(はがき形式)を検査機関にFAXもしくは郵送(郵送時個人情報保護シート付)にて送付して

         ください。(申込みハガキの郵送料は健保組合で負担します)

(2)検査機関より送付される振込用紙により、自己負担金を検査機関にお支払いください。(自己負担額が無料の検診項目のみを申

         込んだ場合、振込用紙は送付されません)

 (3)検査機関から申込者に問診票、検診器具、説明書等が郵送されますので、問診票に記入するとともに検体を自己採取し、検査

   機関に返送してください。(返送料金は健保組合で負担します)

(4)約2週間後に検査機関から受診者へ検査結果が郵送されます。

(5)本年度も40歳・45歳・50歳・55歳(年度末現在)の方に大腸がん検診器具をお送りしていますので、受診していただきますようお願いいたします。

                                                                                                                                                            

ページトップへ